Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

30年ぶりのボストンへ出発

4月1日に新しい仕事が決まり初日で約1カ月程ボストンへ行くことが決まりました。ものすごいスピード判断です!そしてその出発日が当初入社日の1週間後(笑)だったのですがチケットの手配などが間に合わずに2週間後に伸びました。そして昨日土曜日に日本を出発して約1日かけてボストンへ到着しました。

ボストンは30年ぶり、アメリカ自体も20年ぶりなので勝手がまったくわかりません。ボストンにつくまでに少なくとも20人に多種多様の質問をしたと思います(笑)

まず成田まで。出発は16時。
当初新宿まで出てそこからNEXに乗ろうとしたのですが節電の関係でお昼の便が運休!スカイライナーは動いていたのですが新宿→上野の移動は1カ月近い滞在用の荷物を持っていくには辛すぎ。そこで今回は隣の駅の多摩センターからリムジンバスが出ているとのことだったのでそれを利用しました。出発は12時。

これが超楽チン!

バス停は多摩センター駅のバスターミナルのすぐ横。そして乗ってしまえば出発ターミナルの目の前まで運んでくれます!トイレも付いているので安心。バスなので時間が不確定と思いますがGPSやセンターとの連絡を駆使して一番効率的なルート見つけて運航するそうです。幸い道も空いていて予定通りに2時間ほどで成田へ到着しました。ちなみに乗客は僕を含めて2人だけでした。

成田空港は土曜日なのに信じられないくらい人がいなくてチェックインも即効完了。
イミグレーションも僕一人(笑)。

電池は持ち込めないということでしたがアルカリ電池は大丈夫なんですね。それと空港のお店の人に聞いたらリチウムバッテリーも問題ないということでした。どちらが正しいのでしょうか?それと農作物などの食べ物も申請が必要とのことでしたが梅干しは申請なしで問題ありませんでした。うーん。

それはさておき、成田で時間ができたので免税店を物色。AKIHABARAやASAKUSAというベタな名前が既に海外へいった気持にさせてくれます。無料のWiFiスポットもありそこではiPhoneを充電できたりします。個室付きシャワーもあったり2000円程払うと1時間借りられたり。今は便利なんですね。

16時に無事に飛行機に乗りました。

デルタ空港、ミネアポリス経由ボストン行き。

18時半ごろに夕ご飯、そしてその7時間後、日本時間の夜中の1時半にまた食事。このあたりからリズムが崩れてきました(笑)。移動中は善徳女王を見ようと10話程iPhoneに入れておいたのですが2話見た後次の回を入れ忘れてしまい、残りが見れない状態でひどく落ち込みました(涙)それでも機内の映画を見たり、仕事の資料見たりして意外と早くミネアポリスへ着きました。眠らずままで。

トランジットのミネアポリスの気温が0度、予報は雪!寒いところなんですね。

イミグレーションへ向かう途中、何人かがガードマンのような人に声を掛けられてました。声を掛けられた人が服装がチャらい人がほとんどだったので抜き打ちチェックなんでしょうか。僕は地味なアジア人としてみられたのでしょうか、すべてのガードマンにアイコンタクトをしたのに声をかけてもらえませんでした…

イミグレーションでは「お前は何の仕事はなんだ」「システムエンジニアというのは何をするのだ」「具体的にどんな仕事だ」「まったくわからん、行ってよし」という流れでパス。

イミグレーションの後、手荷物をチェックされるのですがその時、靴も脱げといわれて少し驚きました。この年で靴を脱げと言われると

かなり屈辱感を味わいますね。

裸足で金属探知ゲートをくぐり再度無言で靴を履くときにとても悲しい気持ちになりました。早速、アメリカの洗礼を受けました。

ミネアポリスに来て気付いたのですが、お店で働いている人がマイノリティ(黒人系、エスパニック系)の人達ばかりということ。白人の人が一人も働いていないのです。あからさまですね。学歴のせいなのでしょうか、こういった2層化が顕著に表れるのは。

で、ここに到着してすぐに
iPhoneのキャリアがAT&Tに変わりました。ローミングはオフ。さぁどうする?これは別の機会に書こうと思いますが、本当にどうやってネットにつなげばいいのか分からず泣きそうになりました。ローミングはオフ、これを守ったままどうすればいいのか。結局ホテルにつくまで解決しませんでした。

ボストン行きの飛行機に乗った時点ですでに日本時間では翌日の朝5時。興奮してるんでしょうね、寝れないんです(笑)結局ホテルに着いたのが日本時間の翌朝10時。出発の日、起きてからちょうど24時間後です!

ホテルはチャールズ川のすぐ横のとても奇麗なホテルです。キングサイズのベッド、広い机、冷蔵庫、24時間ルームサービス、翌日仕上がるクリーニングなど申し分ないサービス、アイロンやドライヤーも完備されているのに

歯ブラシとスリッパがないんです!えー!!

特にスリッパがないことに半分パニックでした!
フロントにコンシェルジュと呼ばれる人がいるので聞いてみたら「後で届けるね。」と。言えばくれるんですね、安心しました。

結局寝たのが出発日に起きてから27時間後でした。で、起きたのが3時間半後(笑)これが時差ぼけっていうんですね。今日は日曜日、これから体動かしてきます。MITやハーバードが徒歩圏にあるのでこれから自転車を借りて散策してきます。
関連記事
スポンサーサイト

プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<坂本龍一 Ballet Mecanique と 岡田有希子 Wonder Trip Lover | HOME | Windows7で.htaccessファイルが作れない>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。