Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

外国人に日本をよく評価されるとうれしくなる日本人の心理 ー テルマエ・ロマエ

奥さんが読んでいた漫画を先ほどちょっと読んでみたらこれがとっても面白かったのです。

「テルマエ・ロマエ」


ルシウスという古代ローマの浴場設計技師がひょんなことで現代の日本にタイムスリップしてはまた古代ローマ時代に戻るを繰り返す話です(説明が下手すぎる)。ルシウスは古代ローマ文明にプライドをもっている人物なのですが浴場のあり方に疑問を持っていて何か斬新なアイデアはないかと悩んでいます。そんな中毎回ひょんなことで現代の日本の銭湯や露天風呂などにタイムスリップしてそこでみる「日本の先進的なお風呂文化」に感銘を受けてそれを古代ローマの時代戻って再現する、というお話です。

古代ローマ文明が世界で一番すぐれているという感覚、そして日本人を「平坦な顔の奴隷」としてみる差別的優越感、しかし古代ローマ時代にはない露天風呂やシャワーや個人用浴槽などみて感銘を受け、また「奴隷ごときのような人種」がそれらを普通に利用していることに驚きまた自尊心が揺らぐ様がとても面白いのです。

ごくごく普通の日本の風景も古代ローマの人からみると「信じられないくらいすばらしいこと」なんだなと改めて感じました。まんまと作者の術中にハマっています(笑)

外国人に日本をよく評価されるとうれしくなる日本人の心理をついた漫画、そう思います。




関連記事
スポンサーサイト

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ブログ復活! | HOME | おデブシェルティのニコがダイエットに成功>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。