Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

感情と思考を瞬時に切り離すマゾヒスト向けイライラを克服する訓練方法

angryman

「感情と思考を切り離す」
以前にも話しをしたと思うのですが最近別のことが分かって来たのでもう一度話します。

イライラの発端は「痛み」でして、大半が瞬間的な心の痛みなのです。

待たされる時、割り込みされる時、上司に嫌みを言われる時、イライラの発端は瞬間的な痛みなのです。

その瞬間的痛みを継続されるのが「思考」です。それも痛みの原因を自分以外であるよう正当化する思考です。

試しに「イラッ」とした瞬間、その瞬間に感じる感情だけを感じてみてください。「心の痛み」という意味が分かるかと思います。

痛いんです、ズキズキと。

痛いからどれだけ痛いのかを知って欲しいのです。つまりイライラとは大人の「泣き声」なのです。子供は転んだり驚いたりして泣きます。でも大人は泣けません、普通は。なのでイライラするのです。

子供が泣くとき直接的な痛みで泣くこともありますが多くの場合

今感じている痛みを理解してもらえていない

ということが原因で泣くのだと思います。これは大人も同じなんではないかと思うのです。これは人間は関係性の中でしか生きることができない生き物であるが故だと思うのです。

ではイライラした時にどうすればいいのでしょうか。イライラしたらまず「心の痛み」に気づくことです。そう、まず自分自身でその痛みに気づくことなのです。

イライラして痛いと!

そしてそれを痛みとしてだけ感じるのです。そしてじーっとその痛みが和らぐまで我慢します。丁度足の指をタンスの角にぶつけて「痛~い!」という時のように。

すると不思議なことが起こります。その痛みをじーっと感じているとある瞬間その痛みがすーっと消えるのです。そのとき

なんともいえない気持ちのいい感じになるのです

なにこれ?というくらいに気持ちがいいんです。ポイントは意識的に思考をストップすることです。辛いですが痛みを痛みとしてだけ感じる、それだけです。

人のせいにしないのでもめ事にならない。イライラが持続しない。イライラの原因が少なくなってくる。いいことずくしのこの方法、是非試してみてください。試す機会はきっと周りに沢山あると思いますので(笑)




関連記事
スポンサーサイト

技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<品切れ状態が続くLove Sweets ANTIQUEの「とろなまバーム」 | HOME | 佐野元春の曲がStyle CouncilのShout To The Topに犯罪的に似ている>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。