Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

蛇口から水がちょろちょろ漏れている。なので蛇口の修理を自分でやってみた

僕の家の洗面台の蛇口、きつくしめないと水がちょろちょろ出てしまっていました。気を抜いてしめ方があまいと、次洗面台にいった時に水が出っぱなしになっていて何度もショックを受けました。「あー、水道代が!」と。

水道回りは複雑そうだし、間違うと水浸しになりそうだし、第一どうやって分解していいのかもよくわかりません。自分でやるには敷居が高かったのですが、こんなサイトを見つけたのでチャレンジしてみました。

キッチンのトラブルどんなことでも解決

用意するものは以下の2点。
1.モンキーレンチ
2.プラスドライバ
 ※水の元栓をしめるために僕の家ではマイナスドライバーが必要でした。

モンキーレンチは高いものだと2000円位しますが500円程度のもので十分です、滅多に使うものではないですし。


あと水遊びをしたい人以外は作業を始める前に水の元栓は必ず閉じておきましょう。



どこから手をつけていいのか最初本当に戸惑います。まずハンドルを外すところから始めるのですがネジが見つからないんですね。手で回すタイプのものはハンドルの上の部分がキャップのようになっていて「カパッ」と取れるになっているのです。すごく分かりにくいんですけどね。そのキャップのようなものを外すとネジが出てきます。あとはネジを外してハンドルを上に引っ張るとハンドルが取れます。



次にナット部分を取り外すのですが、僕の家のものは金属でなくて本体と同じ素材で完全に一体化しているようにみえたのですごく分かりづらかったのです。ただナットがあるべきらしき場所の部分が円ではなく多角形になっていたのでそこにモンキーレンチを合わせて回したら外れました。モンキーレンチやスパナがあてられるような形状に必ずなっているようです。



この時点で水の元栓を閉めていないと水遊びが始められます(笑)

ナットをとったあと、蛇口にはケレップ(またはエスコマ)という水を流れを抑える部品が残ります。これをそのまま交換するかこれに付いているパッキンを交換します。ケレップ(エスコマ)はものにもよりますがホームセンターで100円位で売っています。取り外して現物をホームセンターに持っていくか、デジカメで撮影しておけば間違うことなく購入できると思います。




生まれて始めて蛇口の修理をしましたが思いのほか簡単にできました。ここまで色々と説明してきましたが、実は購入したケレップがまったく形が合わないという一番やってはいけないことをしてしまったのです。でも一度取り外して再度取り付けたら症状が改善されました(笑)。これを僕は修理と呼んでいます、はい。




関連記事
スポンサーサイト

技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<中年の反抗期 | HOME | シェルティ、真剣な表情の理由は?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。