Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

KOKRG nanoシリーズ2 4月上旬発売予定

KORGのnanoシリーズの第2弾が2010年4月上旬に発売される予定です。

コルグの公式サイト nanoシリーズ2

デザインも前作のような安い感じがなくておしゃれでかわいいデザインになっています。nanoKEY2, nanoPAD2, nanoKONTROL2全てに最初から黒と白の2種類のバージョンが用意されるようです。

nanoKEY2はセパレート・タイプ・キーベッドというキーとキーの間に隙間が設けられた設計になっています。これによってキーのミスタッチを軽減できるようです。確かにPCのキーボードのような感じでミスタッチが防げそうです。それとCC MODE(キーボードを独立したボタンとして動作されるモード)がなくなってSUSTAINボタンに変わっていました。「ピアノやエレピの演奏には欠かせないサスティン・ボタンを搭載」とありますがそもそもSUSTAINは足で操作するものでこの位置にあって指でうまく操作できるのでしょうかね(笑)。意外と使えたりするのかもしれませんね。

nanoPAD2はパッドの数が12個から16個に増えました。バンク数は前作同様4バンクです。機能ボタンの位置も左はじの縦並びから右上の横並びに変わっています。機能面ではKAOSILATORでおなじみの「タッチ・スケール機能」と「GATE ARP機能」が搭載されるようです。X-YパッドをKAOSILATORのように使えるということなのでリアルタイム演奏が苦手でもこれがあればMACの音楽ソフトで気持ちよくリアルタイム録音ができそうです。よく見るとボタンもFLAM,ROLLはなくなって代わりにGATE ARP, TOUCH SCALEに変わっていますね。

nanoKONTROL2に関しては前作のものもよく知らないのでこちらはコメントはなしです。。。


またiOS4.2.1以上を搭載したiPhone/iPadでアプリがCoreMIDIに対応していればnanoシリーズ2が利用可能になるようです。ですのでiMS-20もnanoシリーズ2でMIDIコントロールが可能になるわけです。必要なのはCamera Connection KitとUSBケーブルだけです。また電源供給できるUSBハブを使えば何台のnanoKEY2、nanoPAD2、nanoKONTROL2も接続して利用ができるようです。

iPad2の発売をひたすら待っている僕です。nanoシリーズ2が発売される4月上旬頃にiPad2も発売されたら本当にうれしいのですけど。




関連記事
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シェルティ、真剣な表情の理由は? | HOME | 40歳で気付いた自分の九九の盲点>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。