Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

レンタルサーバーとVPSを検討

ブログとWikiを独自ドメインで運用しようと思いレンタルサーバーを検討しています。またtrivistの開発記事に感化されて高速開発でいくつかWebサービスを立ち上げようと思ってVPSも検討しています。

trivistの開発記事は開発者の魂を揺さぶるものがありました。

1週間でトリビア共有サイト”trivist”を作ってみた

「やっぱりこうだよね、うんそうだよね」と読みながら何度頷いたことでしょうか。

最強最大の魔法 それは コーディングしない

しびれますね。


ブログとWikiを立ち上げる方は極力設定やメンテが不要にしたいので普通のレンタルサーバーに。安いところも多くあったのですが価格はどこも大きな違いなのでここは名の知れたところから候補を選びました。

・WEBKEEPERS
・SaaSes
・さくらインターネット
・ファーストサーバー

ファーストサーバーは仕事でも使っているので安心感があるのですがビジネスユースを想定しているので他と比較して若干高いのです。で、調べているとこんなレンタルサーバーを発見しました。

サーバーカウボーイ



ものすごくユルい感じですがなんと「Powered by ファーストサーバー株式会社」。ですのでサービスの質はいいかなと。

一通りの機能をそろえていますし(機能一覧)コストパフォーマンスがいいのです。

ディスク容量50GBで月々416円です。

初期費用が1000円掛かりますが月額は相当安いと思います。難点は容量が50GB固定で増やせないことなのですが、用途を考えるとこれを越えることもないと思いますので問題ありません。


もう1つはさくらインターネットのレンタルサーバーです。

スタンダードプラン
こちらも一通りの機能が揃っています(機能一覧)。

ディスク容量10GBで月々500円。初期費用は0円。


別のプランでライトプランというものがあります。ディスク容量1GBで月々125円(初期費用0円)というプランなのですがMovable TypeやWordPressが使えないかったりSSHが使えなかったりで不便です。それとさくらインターネットのレンタルサーバーはプランごとに収容サーバが異なるためにプランの移行ができません。ドメインの移行はできるので自前でデータ移行すればなんとかなりますけど容量不足になったら面倒なので限られた用途向けでしょうね。


VPSの方はもう少し真剣に考えました。こちらも名の知れていない安いところが多数ありましたがレンタルサーバー同様に名の知れたところから候補を選びました。

・SaasesのOsukini Server
・DTIのServersMan@VPS
・WEBKEEPERS
・さくらインターネットのさくらのVPS

こちらはサーバーレスポンスはある程度必要ですしオーバーコミットメントでサーバーのパフォーマンスが低下するのもいやだしその辺りを考慮しているところがいいと思いました。そこでさくらインターネットの「さくらのVPS」に決定します。UnixBenchで1400を出すということで十分ではないかと思っています。初期費用0円、月々980円と価格も申し分ありません。




決定に至った要因はさくらインターネットのVPSの記事です。実際には使ってみないとわからないことも多いと思うのですが仕事でもさくらインターネットを利用しているので安心感がありますので。こちらにその記事の抜粋を記載しておきますね。

物理サーバはQuadCore Xeon搭載機。各インスタンスには512MBのメモリと2GBのスワップを割り当てる。実は格安VPSの中にはスワップが設定されていないために、ちょっとした作業でメモリ不足となりプロセスが止まることがある。一方、さくらのVPSでは、そうした心配がない。さらに、物理ホストが持つメモリの8割程度しか仮想環境に割り当てていないため、各インスタンスは実質的に700~800MB程度のメモリを使っても、まだスワップ利用によるディスクI/Oが発生せず、一時的にメモリ使用量が512MBを超えた場合でもパフォーマンス低下は避けられるという。それとは別に、余剰メモリはディスクキャッシュにも使われるため、仮想インスタンス上でのディスクの読み書きを行う操作が快適ということもある。


業者を絞り込むのに悩みさらに決断にも悩みました。何かあって業者を変えるということは避けたいのですが何かあったときはデータだけ移行できるように準備はしておくつもりでいます。

ちなみにサーバーカウボーイ、さくらインターネットのレンタルサーバーそしてさくらのVSPも2週間のお試し期間付きです。2週間使ってみてよくなければ継続しなければよいので少し気が楽です。



関連記事
スポンサーサイト

コンピュータ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<別メニューで再チャレンジ。青梅のベーカリー「木の葉」 | HOME | 鎌倉鶴岡八幡宮に初詣>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。