Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

AppleTV購入からテレビの地デジ化へ向けて

regza
テレビを選ぶのって難しいですね。本当色々と悩みました。本当はもっと早く欲しかったのですが色々と悩むことが多く約2ヶ月程悩んだ末やっと購入することができました。

実は新しいテレビを早く欲しかった大きな理由がありました。僕はAppleTVを発売早々にを購入したのです。うちのテレビが「ブラウン管のアナログテレビ」だったにも関わらず(涙)。ろくに調べもしないで勢いで購入してしまったのが悪いのですが、新しいAppleTV、コンポジット(アナログ)出力を切り捨ててHDMI出力のみ対応だったのです。つまりこういうことです。

僕のテレビにはつなげない ∴使えない


このショックといったら例えようがありません。発注後にAppleTVの出力端子を調べていたら「HDMIのみ」と。何度も見返しまたよ、そんな馬鹿なって思って。でもそれは事実でした。地団駄を踏むとはこういうことかと改めて実感しました(笑)。で、HDMI→コンポジット(アナログ)変換機はないかと調べたらこんなのがあるじゃないですか!



値段をみたら39,900円(涙)他にも安いものがないか探しましたが安いものでも3万円近くしました。HDMI→コンポジット(アナログ)の道は断たれました。返品することも考えましたがこれを機会にテレビを買い替えよう、今回のAppleTV購入はその原動力になるに違いないと思ったので返品はしませんでした。

ここからが新しいテレビ購入の険しい道のりの始まりでした。

まず考えたのがとりあえずHDMI端子のある液晶テレビを買うということでした。サイズは32インチ。国産メーカーで一番安いもの。まずはものみるために家電量販店へ行って片っ端から32インチをみました。無名ブランドのものは明らかに画質が落ちるので国産メーカー。解像度はハイビジョン。そうすると最安値は39000円くらい。

その後、LEDバックライトと録画機能もあった方がいいということで価格は一気に79000円に。そしてやはりフルハイビジョンの方が圧倒的に画質がきれいということで88000円に。32インチじゃ物足りないからということで42インチにして115000円。あれよあれよといううちに購入価格が上昇していきました。なんということでしょう、当初の購入金額の3倍になってしまいました。幸い3Dにはまったく興味がなかったので値段の上昇はここまで。

そして悩むわけです。買うべきかどうか。


39000円ならすぐに買えるわけですが買った時の満足はそれほどない訳です。でも満足するものを買うにはその3倍の価格を払う必要があるわけです。そして僕の選んだレグザZ1には録画用のHDDが含まれていないので別途購入する必要があってそれが10000円位。それも購入するかどうかの障壁になっていたのです。


最終的に2つの選択肢にまで落とし込みました。どちらとも僕の中ではすばらしい選択肢だと思っています。

1つ目はサイズを37インチに落として、外付けHDDを1.5TB、シールドなしのHDMIケーブル。
99,336円(税別)



2つ目はこちら。42インチ、外付けHDD2.0TB、シールド付きHDMI。
126、988円(税別)差額は27,652円。



どう考えても1つ目の選択肢の方がコストパフォーマンスがいいのです、はい。でも僕は2つ目の選択肢を選びました。27,000円の差額を出しても。どうしてか?

それが本当にほしいものだったからです!


この辺は本当に正しい判断かどうかは分からないのですが、本当は42インチが欲しかったのに37インチにしてしまった場合、購入後たった2万円の差額のために「あー、42インチにしておけばよかった」と悩むより2万円の差額を出して本当に欲しかったものを購入した方がいいと思ったのです。正直37インチと42インチの違いは家に置いた場合どんな違いがあるのかは分かりません。「どちらにしてもこのくらいの値段を出すんだから」そういう心理が働くのです。「このくらいの値段」という心理が!

消費電力が37インチは169W、42インチは175Wとランイングコストはそれほど変わらない、ということも42インチした理由です。これが大幅に違っていたら迷わず37インチにしたでしょうね。

ということで2ヶ月の格闘の末、12月27日(月)に我が家に初の液晶地デジテレビが届きます。なんか久しぶりにわくわくしています。
関連記事
スポンサーサイト

プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<iPhoneが起動しなくなったときは強制リセットを試してみる | HOME | 一年間禁煙するといくらの節約になる?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。