Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

老犬(12歳)のミニチュアダックスをプロのカメラマンが撮影すると

DSC_2753

メルモがうちに来て4年半になります。捨てられていた犬で里親を募る冊子に最初に載っていたときは16歳、次に14歳、そして引き取るときには10歳になっていました(笑)ですので本当の年齢は不詳のままなのですが引き取った時期が夏ということもあって「ニコと同じ誕生日に10歳」ということになりました。

今は14歳になり、足腰も弱くなってしまったのですが朝1時間半、夕方40分の散歩をしています。ニコの後を必死に追いかける姿がすれ違うご老人の同情を引くらしく「がんばって!」とよく声を掛けられます。自分の姿と重ね合わせてみてしまうのでしょうかね。


2年前に伊豆のペット専用ホテルでプロのカメラマンに撮ってもらったメルモの写真が出て来ました。撮影スタジオとカメラと照明が揃うと「おばあちゃん犬」もきれいに撮れるものですね。

カメラはNikon D70で撮影されています。D70、もうアマゾンとかでは扱っていないようですね。


この写真でミニチュアダックスに「ピンク」が似合わないことが証明されました。ミスマッチな洋服が妙におかしくて「ねらい通り」の写真が撮れました。
DSC_2763

どこかのいいところに犬に見えます。まだこの頃は顔があまり白くなっていませんね。でも毛艶は今の方がいいので食べ物は大事だなと思いました。
DSC_2722

少し白飛びした同じような写真。
DSC_2723

スフィンクス!なぜか凛々しい顔をしています。
DSC_2736

おやつで顔の向きをコントロールしていたのですが、そのおやつがなかなか食べられないのでとうとう(笑)
DSC_2781

気を取り直してニコっと。でもやっぱりどこか違和感があります(笑)
DSC_2787


引き取った当時は乳腺種やフィラリアなどの持病をもっていて獣医さんからも「もって2年だね。」と言われていたメルモ。あれからもう4年、3度も死にかけたにもかかわらず今も元気で生きています。最近はやっとトイレを覚えてくれたのでおしっこまみれになることもなくなってお風呂の回数もめっきり減って楽になりました。

どんな犬にも動じない不屈の精神と我関せずの独自の世界観を持っているメルモ。これからも元気でいてほしいと思います。





関連記事
スポンサーサイト

| コメント:2 | トラックバック:0 |
<<コピペサイトからさらにコピペ7 | HOME | iPhone4で多摩センターのイルミネーションを撮影してみる>>

この記事のコメント

メルちゃん元気そうでなによりです。
懐かしい写真が出てきましたね。我が家も時々見ております。
また、行きたいね。
2010-12-05 Sun 01:57 | URL | マウイパパ #hE4kmW4M[ 編集]
お互い汗だくになって、でしたね(笑)
やっぱりこういうのって撮っておくといいですね。
2010-12-05 Sun 20:55 | URL | Tatsuo Hase #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。