Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ネガティブな発言に対してどのように対処するのがいいのか?

ネガティブな発言、これはリアルでもネットの世界でも自分に降り掛かるものです。これをどのように扱えばいいのでしょうか。

反論や攻撃、泣き寝入りや悲観、色々な反応があると思うのですが。

一番いいのは「じっとその感覚を味わう」ことです。

投げかけられたネガティブオな発言は「それ自体」たいした効力がないことを知っておく必要があります。例えばその発言が自分ではなく「第3者」に投げかけられたと思ってください。そうすると相当気が楽になりますよね。

ただ、自分に投げ掛けられたときに「自動的に連鎖的に反応してしまう癖」があって自分でそれを制御ができないことがその発言に対して自分をコントロールできなくしてしまうわけです。

そしてネガティブな発言に連鎖的に反応してしまう癖は「最初の衝撃の痛み」から逃れようとすることで起こります。これは例えて言うなら「その痛み」を自分では処理できずに誰かになんとかしてもらおうとして泣きわめく「小さい子供」と非常に似た傾向なのです。「だって、だって!えーん、えーん」です(笑)

つまり最初の衝撃をぐっと我慢してただ「痛み」として感じ続けるとその「痛み」は必ず治まります。そしてそこから連鎖が起こらなければ「恨み」や「悔しさ」や「悲しみ」ではなく「単なる痛み」だけとなります。

そして「痛み」としてとらえられるととても冷静に次からはこの痛みに出会わない行動を取るようになります。

この「痛みを味わう」ことはスパーリングのようなもので、慣れで我慢できるようになります。ちょうどこの動画のように何度も何度もそれを経験することで強くなる感じですね。



喧嘩や口論は感情のともなうの殴り合い、格闘技は純粋な殴り合いです。
そしてどちらも「自尊心」という筋肉と精神力を日頃から鍛えておくことで「痛み味わえる」ようになるのではないかと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

思想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<コピペサイトからさらにコピペ6 | HOME | 選択、選択、選択>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。