Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ActionScript3でXMLをサーバーから読み込んで値を取得する方法

ActionScript3でXMLをサーバーから取得してタグ内の値を取得する方法。複雑な処理を行おうとすれば色々とできるのですが単にリクエストを発行して戻りの値を取得したい、そんなときこのコードが使えます。

private function main(): void {
 loadXML("http://hogehoge.jp/myreq.do?param=hoge");
}

private function loadXML(url:String) : void {
 xmlLoader.addEventListener(IOErrorEvent.IO_ERROR, xmlFail);
 xmlLoader.addEventListener(SecurityErrorEvent.SECURITY_ERROR, xmlFail);
 xmlLoader.addEventListener(Event.COMPLETE, loadComplete);
 xmlLoader.load(new URLRequest(url));
}

private function loadComplete(evt:Event):void {
 var loadedXML:XML = XML((evt.target as URLLoader).data);
 trace(loadedXML.url);
 var url:String = loadedXML.url;
// その他の処理をこの後に記述します
}

private function xmlFail(evt:ErrorEvent):void {
 trace("ERROR");
 //独自のエラー処理
}



戻ってくるXMLがこのようなものだとします。

<root>
 <message>正常終了</message>
 <status>0</status>
 <errorCode></errorCode>
 <url>http://hogehoge.jp/img/mypic.jpg</url>
</root>



サンプルではコールバック関数loadComplete()で<url>タグ内の値の取得のため以下のようにしています。

var url:String = loadedXML.url;

errorCodeやstatusも同様にloadedXM.errorCode, loadedXML.statusのようにして取得できます。

先にもお伝えしたとおり複雑なことしようと思えばいくらでもできるのですが、サーバーから単純にレスポンスコードを取得したりするにはこれで十分かと思います。



関連記事
スポンサーサイト

コンピュータ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小金井公園の紅葉 | HOME | コピペサイトからさらにコピペ2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。