Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

SONY ワイヤレスデジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-DS8000を安くお譲りします♪

こちら購入される方が決定しました。ありがとうございました!


動き回りながら映画を観たいと思って買ったSONYのワイヤレスヘッドフォンMDR-DS8000。オープン価格で実売が63,000円位で確か50,000円位で購入した記憶があります。当時デジタル音源がまったくなくアナログ音源を入力して使用していましたが真価を発揮するのは実はデジタル音源を聞いたときのようですがアナログでも十分楽しめます。ただヘッドフォンして映画を観ることがほとんどなくなってしまってこちらは長いこと収納棚にしまったままになっていました。

IMG_2408

今回引越しを前にこちらをセットで安くお譲りします。

・SONY MDR-DS8000
を12,000円で。

欲しい方はコメント(承認制ですので公開されません)に連絡先とその旨記載いただければ改めてこちらからご連絡します。手渡しを希望していまして川崎市麻生区から車で1時間半程度の場所でしたら近くまでお届けします。また近くまで来ていただけるのであれば11,000円でお譲りします。

状態は上部に2cm程の引っ掻きがあり。それ以外は傷なし、完全動作。
付属品は以下の通りです。
・ACアダプタ
・オプティカルケーブル
・取り扱い説明書
・単3電池2本(おまけ)

SONY MDR-DS8000

IMG_2409

このワイヤレスヘッドフォンが真価を発揮するのはサラウンド効果機能を使ったときです。僕はアナログ機器でしか使用したことがないのでその前提で説明します。VIRTUAL FRONTとVIRTUAL SURROUND 5.1の2つサラウンド効果を選択できます。まずVIRTUAL FRONT。これで音楽が聞くとびっくりします。ヘッドフォンをした状態でフロントにあるスピーカーの音を聞いている錯覚に陥ります。僕の机には2つのスピーカーがあるのですが、久しぶりに使ってみて思わずスピーカーから音が出ているんじゃないかってヘッドフォンを外して確かめたくらいです(笑)

さらにリアル感を出すのがヘッドトラッキング機能です。ヘッドトラッキング機能はヘッドフォンに組み込まれているセンサーによって頭を動かして横や後ろを向いても、常に正面方向から音が聞こえるようになる機能です。いすに座ってくるくる回っても音は常に正面から聞こえてくるわけです!

VIRTUAL SURROUND 5.1は2個のスピーカーに加えて、1個のセンタースピーカー、後方の左右のスピーカー、そして1個のスーパーウーファーから音が聞こえているような効果があると説明書にあります。使った感じですが音楽は部屋全体で音がなっている感じがして音に包まれている感じがします。特に頭を下に向けるとその効果が倍増します。映画を観た場合にはさらに気持ち悪くて(笑)本当に目の前で俳優が話しているように感じて、自分がそのシーンの場にいる錯覚になります。こちらの場合もヘッドトラッキングが効きます。後ろを向くと自分の後ろ(つまりは正面)から声が聞こえてくるのでまさに「ヘッドフォンをしてスピーカーの音を聞いている感じ」がします。

またCINEMA1、CINEMA2、MUSICの3種類のエフェクトも付いています。上記の2つのサラウンドで使用できます。CINEMA1は広い屋内の音場を再現します。CINEMA2はCINEMA1よりリアリティのある、シーンの中にいるような臨場感を再現します。MUSICはリスニングルームの音場を再現します。


ヘッドフォンは単3電池2本で駆動します。ヘッドフォン側にはヘッドトラッキングのOn/Offスイッチとボリュームとヘッドトラッキングのセンターリセットボタンが付いています。内側のバンドのようなものはフリーアジャストバンドといって現在装着中なのかを検知するもので未装着の場合は自動的に電源が切れるようになっています。

本体の方は入力はデジタルが2系統、アナログが1系統で正面のINPUTボタンで入力を切り替えます。アナログ用にATT(アッテネーター、入力音声が小さいときに音を大きくするもの)も付いています。

ワイアレスは外来の影響を受けにくく、CD音質同等のデジタル赤外線伝送を利用して最大10mまでの広い赤外線到達範囲となっています。

IMG_2411

気になる点が何点かあります。まず装着した時にクリックノイズがでます。またボリュームを変化するときにもノイズがでます。これはそのときだけなのでそれほど気になりません。気になるのは音が出ていない状態でボリュームが6以上(0~10)になるとホワイトノイズが聞こえてくることです。音が出ているときには全く気にならないのですけど気にする方はやめた方がいいと思います。Web上で調べたところ同様の報告が多数されていたので恐らくMDR-DS8000の仕様(?)の様です。

本来デジタル機器を接続した方がよりいい音が再現できるのですが僕はまだ試したことがないでレビューは控えさせてもらいます。


深夜、部屋で迫力ある音声で映画を観たいそういう方には本当にオススメです。「音の出ていないヘッドフォンを装着した状態でスピーカーからの大音量の音を聞いている状態」は本当に気持ちがいいので映画好きだけど大きな音が出せない人にはオススメです!
関連記事
スポンサーサイト

音楽 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<コピペサイトからさらにコピペ2 | HOME | コピペサイトからさらにコピペ1>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-12-16 Thu 20:38 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。