Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Reactable mobile - あのReactableがiPhone/iPadで再現

Reactable Systemsがついに出しましたね。ReactableのiPhone/iPadアプリを!


くわしい説明はいらないと思います。知らない方はこのビデオをみてください。


大きさ的にはiPadアプリの方がいいですが、iPhoneでも動きます。やっぱりこういうときiPadがあったらいいなと真剣に思います。

Reactableには基本以下のVirtual Objectがあります。

音源となる、Oscillator, Loop Player, Sampler, Microphone
エフェクタとなるFilter, Delay, Modulator, Wave Shaper, LFO
総合機能として、Sequencer, Accelometer, Song Settings, Output, Tonality

Oscillatorを使えばFilterやModulatorと掛け合わせてシンセサイザー的使い方ができます。
そしてDJっぽい用途であればLoop Playerにループ音源を読み込ませてエフェクタ系と掛け合わせて使うことが出来ます。ビルトインのWebサーバーが搭載されているのでWi-Fi経由でサーバーにアクセスして音源をReactable Mobileに転送することできます。もちろんiTune経由でもファイルのやり取りができます。

Loop PlayerなどはSong Settingsにあるテンポに基づいて同期されます(Loop PlayerにはOne Shotモードがあって同期させないこともできます)。なので音源を用意すればエフェクター類をつなげればあっという間に夢の世界が広がります。ポイントは効果的なLoop Playerを用意することとOscillatorとエフェクト類をうまく組み合わせることです。

使い方は直感的に分かります。Reactable Mobileマニュアルに簡単で分かりやすい説明があるので全体像をみてください。

iPhoneでは画面のサイズが足りない感があるのですがiPadユーザーなら\1200でこの環境が入ると思えば本当に安いと思います。




Reactable mobile

関連記事
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<GoodReader - iPhoneでYouTubeコンテンツをダウンロード | HOME | これは間違いなく買い!AKAI / SynthStation25>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。