Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ほしいこともの書くことの力

先日ブログに欲しいものリストを書きました。書いた理由は簡単で「あれも欲しい、これも欲しい、欲しいものがありすぎる!」という状態になっていたからです。物欲がよぎることが多くあってとんでもない数と金額になると思いどの程度なのか興味が出て来たので一覧にしたわけです。

そうしたらそれほど数もなくて金額もたったの40万円って(笑)
同じものが何度もよぎっていただけなんですね…

不思議なもので書くと自然とそれを買おうとする行動に意識的、無意識的に動き出すということです。昨日、優先順位としてはそれほど高くなかったXacti DMX-CA100(デジタルムービー)を購入したんです。

今までほしいと思っていましたが具体的にそれを使って何をするのかがあやふやだったわけです。で、お風呂に入っているときに
「そういえば週末は犬の運動会だ」→「以前海でニコやメルモをiPhoneで撮っていたとき手が濡れたりして撮るのを途中で断念した」→「運動会でもきっと同じことが起こる」→「運動会はそうないイベントだからこれを機会に買ってしまってもいいのでは」→「そうだ、たかが3万円だ、買ってしまおう!」

この奇跡的な思考の流れと決断は以下のことが要因と思われます。
1.気候が涼しくなり湯船に入ることが多くなった→妄想する時間が増えた
2.書いたことでほしいものが明確になっていてより具体的にイメージするようになった

つまり、買うものを書き出したことで無意識のうちにそれを得るためにそういった行動、思考をするようになったのではないかと思うのです。湯船に入るところまではどうかと思いますが、ほしいものをほしいと思うような思考を次々としていって気持ちを高めていって、最後の決め台詞を「どーん」と出す、という一連の流れを無意識のうちにおこなっていたのではないでしょうか。

そうでなければ昨日お風呂を出て迷わずアマゾンでポチッとはできなかったでしょうから(笑)。

今はまだ購入まで至らないほかのものも近いうちに手に入るのだと思うとワクワクします!

これが紙に書くことで望みを叶える力、そして潜在意識の力だ!と真剣に実感した瞬間でした。






関連記事
スポンサーサイト

技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<驚くほど素敵なペット共生型賃貸物件を扱う不動産屋 アドバンスネット | HOME | 物欲限界 ほしいものリスト>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。