Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

GarageBandで曲をコピーするときのTips

今、元気ロケッツの Intermediate -Orbit Swimming-のコピーをしているのですが、やはり完全コピーとなると音源やエフェクトの調整がうまくいかずで苦戦しています。

元気ロケッツ Intermediate -Orbit Swimming-

耳コピをするときに重宝するのはリアル音源をリージョンに貼付けてそのテンポをぐっと落とすことです。著作権のあるものの音源はそのままリージョンとして貼付けられないのでiPhoneで再生したものを取り込んで使います。取り込みもGarageBandなら超簡単です♪リアル音源トラックを作って垂れ流したiPhoneからの再生を録音するだけです。頭のタイミングを合わせる必要はなくて録音後にトラックエディタで頭の空白部分をパシッと削除してしまえばOKです。

注意することは録音時にマスターのテンポをちゃんと合わせておくことです。取り込んだ音源はあとでテンポを変えるとそれに合わせてテンポも変わってしまうからです。ですのでタップしてBPMを出すツールなどを使ってBPMは事前に合わせておきましょう。僕はKAOSSILATORについているTAP/BMPの機能を使っています。

これで取り込んだ音源をピッチを変えることなく好きなテンポで再生することができます。

アルペジオなどを耳コピするためのポイントはHigh Pass Filterを使うことです。アルペジオは大抵高い音域でなっているのでHigh Pass Filterを掛けるとアルペジオだけを際立たせることが出来ます。AUHighPassというAudioUnitでは特定の周波数以上だけスルーさせることが出来る他、その特定の周波数近辺をさらに際立たせることができるので他の周波数帯の音も効果的にカットできます。Equalizerでも同じようなことができるのですがこちらを使った方が簡単です。

そんな耳コピですが苦戦しているのです。近い音源を探す作業、原曲に近づけるためにエフェクトを選んで調整する作業などなど。いっそうのこと生音をサンプリングして使いたい!そんな衝動にかられます。

豊富な音源や色々な音源加工のできるLogic Studo(Logic 9)に移行しようかと真剣考えています。






関連記事
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Macでデフォルトのアプリケーションを変更する | HOME | GarageBandで10分間クッキング>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。