Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

もう何も信じられない?!最新のクロマキー技術

CGを駆使した映像であれば「これは作りものだな」と思えます。
しかし「ロケをして撮影しているんだな」というものの多くにクロマキー技術が多用されているのです。



「クロマキー(Chroma key)もしくはクロマキー合成(クロマキーごうせい)はキーイングの一種で、特定の色の成分から映像の一部を透明にし、そこに別の映像を合成する技術。
フィルムでは古くから使われてきたブルーバック合成を模したもので、均質な色の背景の前で人物を撮影し背景に別の映像をはめこむなどの使い方がなされる。アナログビデオ、デジタルビデオの両方で利用され、ライブでの使用も可能である。背景色には人物の肌色と補色の関係にあるブルーやグリーンが多く使用される。最も身近な例はニュースの天気予報の映像である。色(クロマ)をもとにしたキー信号を使用するため、クロマキーと呼ぶ。
Adobe Premiereなどの映像ノンリニア編集ソフトにも簡単なクロマキーが出来る機能が入っている。」

~Wikipediaより抜粋~


俳優も合成後のイメージを頭にイメージして演技しないといけないんですね。って普通そうしてますか。

このクロマキー技術、家でも簡単に行うことができるのです。
グリーンのシートをバックに撮影します。それをAdobe商品のプラグインROBUSKEYを使うと緑部の部分の切り取ってくれます。そのあとに合成したいものを重ねるだけです。

こちらにクロマキー合成を行ったサンプル動画があります。
ROBUSKEY for Adobe After Effects

ドラえもんにあった「インスタント旅行カメラ」がリアルにできてしまうのです。
そしてAfter Effectsを使えば「インスタント旅行ビデオカメラ」も出来てしまうわけです。
すごい時代になりましたね。

ただ本格的には映像合成を行うには被写体と背景を違和感なく合成する必要があります。被写体を撮影するときのカメラワークと背景を撮影するときのカメラワークを同じにする必要があります。カメラのパンニング、アングルなどのカメラワークを毎回手動で同じにするのは至難の業なのでモーションコントロールカメラという高価な機材を使います。これはコンピュータにカメラの動きを記憶させて何度でも同じ動きを再現させることができるのものです。Milo(マイロ)というモーションコントロールカメラがよく使われているようです。
こちらでモーションコントロールカメラを使った映像合成の基本がわかります。


After Effectsでもロトブラシを使ったもっと高度な合成が可能になっていますのがクロマキーを使えばフレームの微調整も少なくて済みますので楽かと思います。







関連記事
スポンサーサイト

技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<iPhone4開発中実機 | HOME | 人はラジコン飛行機に乗って飛べるのか?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。