Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ゴリラポッドでポメラ化を目指す

以前iPhoneをポメラ化する話をしましたが、やはりロディアのメモカバーでは安定性に欠けます。

iPhoneスタンド

そこでゴリラポッドを使ってみました。今回はマグネットの入っていない一番シンプルなものを購入しました。
IMG_1890IMG_1893


ゴリラポッドは針金でくねくね曲がるのかと思っていましたが、そうではなく脚の各球状の部分が自在に動く仕組みになっています。でもこれだけだとデジカメとかしか固定できません。そこで「携帯電話用三脚固定ホルダー」を使います。いわゆる万力です。上海問屋で399円という激安価格で売っているものです。
IMG_1817

この「携帯電話用三脚固定ホルダー」をゴリラポッドのデジカメを取り付けるネジに取り付けてあとはこのようにiPhoneを挟んで万力をぐりぐりと締めるだけです。iPhoneの背面をホルダーにぴったりと当てて、多少強めに締めるのがポイントです。締める両側の部分にはラバーはあるので多少強く締めてもiPhoneを痛めません。ちょっと艶かしいポーズで(笑)
IMG_1939

普通につかうのであればゴリラポッドの3本の脚をこのように伸ばして使えばちょうどいい位置にiPhoneの画面を持ってこれます。そしてゴリラポッドの3本脚の接点の球は自在に動くのでiPhoneの画面の角度調節も自由にできます。2本の脚を写真のようにして3本目の脚を画面の後ろに置くことでiPhoneの画面をタッチしても本体がぶれることを防げます。また脚の末端がラバー素材で出来ているので滑りません。
IMG_1936

専用スタンドやリュウドのキーボードのように画面を設置したい場合はこのように脚をべたっとさせます。iPhoneの画面を写真のようにキーボードに乗せると見やすくなります。この状態でも画面の角度の調整はできますし、タッチしたとき本体が滑ったりすることがありません。
IMG_1937

棒状のものであれば棒が横向きでも立て向きでも固定できます(説明書の設置サンプルにあるように)。
しかもこんな設置も可能です。写真のように2本脚を机の下のして3本目を机の上に置くことで机に固定することもできます。動画の撮影のときとかに便利です。
IMG_1938

重さもホルダーと合わせて300g程度なので持ち運びにも便利です。

ちなみにこの万力の挟む強度ですがiPhoneを挟んだままゴリラポッドをブンブン振り回してみましたがしっかり固定されたままでした。ただ、iPhone3G/3GSの場合背面が曲線状になっているので横から挟むだけだと多少前後に動いてしまいます(それでもブンブン振り回しても大丈夫です)。iPhone4の場合背面がまっすぐなのでほとんど前後に動くことはありません。

あとゴリラポッドが威力を発揮するのは車での使用です。iPhoneをちょうどいい位置において運転しながら操作できるのでちょっとした未来気分が味わえます。こちらは後日また書きますのでお楽しみに。

この2点の組み合わせで1995円。これにBluetoothキーボードがあればもう気分はポメラです♪
本当に便利です!




関連記事
スポンサーサイト

iPhone | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<人はラジコン飛行機に乗って飛べるのか? | HOME | 『スザンヌの鉄板ラブメール講座』の応用>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。