Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

iPhone4で撮った写真は空がきれい

iPhone4では5メガピクセルのカメラがついたとはデジカメと比べると劣ります。
とはいえ僕は最近のデジカメを持っていないのでが(笑)

で、iPhone4できれいに取る方法は唯一

「フォーカスをしっかりあわせること」

だと思っています。

そうすればそこそこきれいに取れるのですがそれも難しいんですね。

で、
iPhone4で気軽にきれいな写真をで撮りたければ「空」を撮ることです(笑)

快晴の日の空。iPhone4のカメラは特に青が映えます。
だから僕のような素人でも快晴の青空はきれいに撮れます。光が強いので多少のブレてても大丈夫です。
IMG_1511.jpg

こちらは朝焼け。本当はもっと明るいのですが太陽のせいで周りが暗くなります。
この効果で太陽が神々しく写ります。
IMG_1498.jpg

こちらは夕焼け。朝焼けと同じ効果で太陽がやばいことになります(笑)
周りは本当はぜんぜん明るいんですけど。
IMG_1295.jpg

こちらは曇りの日の夕方。明るさ的には↑の夕焼けと同じくらいなのですが強烈な光源がないのでこんな感じで写ります。iPhone4のカメラでは雲もきれい撮れますね。
IMG_1518.jpg

おまけ。こちらは真っ暗の中でLEDフラッシュをたくとフラッシュがオーブのように写ります。
これは再現性があって何度やってもこんな画像になります。
IMG_1359.jpg

今回のものはフィルターレンズとか使ってませんし、写真加工もまったくしていません。
写真加工をするともっと面白い写真ができますけど、素の状態でどの程度まできれいに取れるかを挑戦してみるのも面白いです。



関連記事
スポンサーサイト

iPhone | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<日本 地区分け 問題は中部地方 そして三重県 | HOME | なかなか慣れないMagic TrackPad>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。