Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中国の未来の乗り物

最近ワイドショーやニュースの特集は中国人観光客のことが多くなりました。今朝もPSP3台、DS2台、Xbox1台を買っていた20代前半の女性の中国人観光客が取り上げられていました。転売w

最新テクノロジーを運用し始めるスピードも日本と比にならないくらい早いです。

■リニアモーターカー

上海リニアモーターカー
linear00

最高時速430km/hです。


■真空チューブ列車

時速1000キロの真空チューブ列車

抜粋
「西南交通大学・けん引動力国家重点実験室の課題グループが1日に明らかにしたところによると、同グループは現在、時速600-1000キロの真空チューブ列車の研究を行っているという。同列車は、理論上は最高時速2万キロに達することも可能」

10年後の実用化に向けているそうです。
それよりも僕はこっちが驚きです。

この真空チュームは地下鉄と似た工事になるそうなのですが現在の一般的な地下鉄の建設コストは1キロあたり

1億5千万元=190万円

安っ!! これがパワーの源なのかな?


■超大型バス

 一階を車が通れる1200人乗りバス、中国で計画中

動画もあるのでどんな感じで動くのかみてください。

hugebus02082010-1280706868

トンネル部のセンサーがどのように機能するのか字幕の漢字をみても理解ができませんでした。
それにしても1200人~1400人乗車可能って!今の中国ならすぐにでも作って運用しそうです。

で、この乗車人数ですが多いのか少ないのか?

山手線の運転室なし一般車両の定員は1両当たり162名(6ドア車は座席収納時160名)
ラッシュ時の乗車率を200%とすると約320名です。
現在山手線は11両。
なので3520名です。

やはり電車の運搬能力は凄まじいです。

と話がそれましたが今後の中国のこういった側面には目が離せません。
関連記事
スポンサーサイト

記事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<MacでDVDを焼く | HOME | アップル マジックトラックパッドを使ってみた感想>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。