Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

MACでhostsを書き換える

仕事柄hostsファイルを書き換えることは日常茶飯事です。

Windowsであればお決まりの場所を書き換えれば有効になります。

\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts

 ※ただしブラウザはFirefoxアドオンのDNS Flusherなどを使わない限り
  ブラウザをすべて閉じて再起動しないと有効になりません。

Macではどうするのか?

2つの方法があって
1.ターミナルで/etc/hostsを書き換える
2.HosterというGUIツールを使う

1の場合は、

ターミナルでsudo vi /etc/hostsでhostsファイルを編集、以上です。


2は以下のサイトで詳しく説明しているのでこちらに任せます。
Macでhostsの切り替えをしたいなら『Hoster』が便利だ!

以上、です
といいたいところですがもう少し掘り下げてみたいと思います。

調べると/etc/hostsを書き換えたあとは
1.マシンの再起動
2.DNSキャッシュをフラッシュする
いずれかをしないと有効にならない、とありました。
しかし僕の環境(Mac OS X 10.6.4)ではDNSキャッシュをフラッシュしなくても反映されました。
ターミナル上のpingはもちろん、起動中のブラウザ(safari5)でもです(ブラウザの再起動必要なし)!

DNSキャッシュのフラッシュの方法は調べたところ色々と方法あるようで。
sudo kill -HUP `cat /var/run/lookupd.pid` プロセスを強制再起動
sudo lookupd -flushcache          lookupdでキャッシュクリア 
sudo niload hosts . < /etc/hosts netinfoにhostsを取り込む

でもどれもcommand not foundになってしまい実行できませんでした。
まぁ、必要ないのでやらないことに。

で、手順としてはまずターミナルを起動します。
 ※僕の場合なぜかApplicationフォルダにないので
  spotlight(画面の一番右上の虫眼鏡)で「ターミナル」と打って探してます。
   ※Applicationフォルダに入れればいいだけの話だと思うのですが。

ターミナルを起動したら
sudo vi /etc/hosts
と入力します。パスワードを聞かれるかもしれないので入力するとviが立ち上がります。

192.168.1.3 nicomelmo.jp
と通常のhostsの記述と同じように編集。
sudo vi /private/etc/hosts
と書かれているサイトがあるのですが結果同じファイルを指しているようなのでどちらでもOKかと。

また、viが使いにくい場合はnanoが使えるようなので
sudo nano /etc/hosts
でもOKです。
nanoの場合、control+xで終了。終了前に保存確認があるのでyを押して保存、です。

僕は管理者権限を持っているユーザーとして入っているのでそうでない場合は若干勝手が違うかもしれませんが/etc/hostsの編集ですべて無事要求は満たせたので今回はこれでよしとします。


関連記事
スポンサーサイト

Mac | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<正直に前向きの姿勢を保つ | HOME | バックアップ完了>>

この記事のコメント

haseさんはじめまして。

macのhostsファイルの書き換えについてもう少し詳しく教えてください。
2つあるみたいですが、1つ目のほうのやり方を教えてください。
ターミナルにsudo vi /etc/hostsをどの部分に入力しればいいのかなどわからないので、教えていただけないでしょうか。
よろしくお願い致します。
2010-08-07 Sat 11:45 | URL | まさ #-[ 編集]
まきさん、
こんにちは。
viはエディタでして、sudo vi /etc/hostsとすることで管理者権限で/etc/hotsファイルをvi(エディタ)で編集するということになります。よってこれをどこかに書き込む、ということではありません。
ターミナルのプロンプトでsudo vi /etc/hostsとしますと以下のような内容のファイルが開くかと思います。

##
# Host Database
#
# localhost is used to configure the loopback interface
# when the system is booting. Do not change this entry.
##
127.0.0.1 localhost
255.255.255.255 broadcasthost
::1 localhost

で、末尾の行に以下のようにIPアドレスとホスト名を対で記述して最後に[esc]をおして:wqで保存をすればOKです。
192.168.1.1 hoge.sample.tv
192.168.1.2 hogehoge.bobo.tv

質問の意図がよく読み取れなかったのでこれで回答になっているか心配ですが、回答になっていればうれしいです。
2010-08-08 Sun 08:39 | URL | Tatsuo Hase #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。