Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バックアップ完了

壊れたNASのHDDとまたまた壊れたデスクトップPCのHDDをMacMiniで再活用しようと思って、
両者に入っているファイルを現行のNASへバックアップしました。

1つはIDE、もう1つはSATAと規格が違うので2つの規格をUSB変換できるデバイスを購入。
価格は2200円。
IMG_1176

IDE2.5、IDE3.5、SATA2.5、SATA3.5、その他DVD,CDROMドライブなども接続できます。

SATAの3.5インチHDDを接続したところ。
SATAは電源系もSATAI/Fがあるのですがこちらはレガシーな4ピンにささないとだめでした。
IMG_1177

このときはバックアップをとることしか考えていませんでしたので、
接続できればいいとしか考えていませんでした。
でも
1つをMacMiniのTimeMachine用、
もう1つをMacMiniの外部HDD

として再利用しようとしていたなら最初からケース付きのUSB変換デバイスを購入すればよかったな、
と少し後悔しています。


無事NASにバックアップが終わったのでMac用にフォーマットします。

TimeMachineでHDDを利用するにはフォーマットをHFS+にする必要があります。
それ以外のHDDを差し込んだ状態でTimeMachineを起動するとフォーマットしますか的
ダイアログが出てくるのであらかじめフォーマットしておく必要はありません。

ただ!
パーティションが分割されていたりした場合にはそれを1つにしてはくれないので、
別途パーティションを1つにしておいた方がよさそうです。

眠っている古いHDDを大容量NASなどに移動して整理する際にはとてもいいデバイスです!

関連記事
スポンサーサイト

Mac | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<MACでhostsを書き換える | HOME | アイドル犬 ハピちゃん>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。