Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

人ごみの歩き方

僕は新宿を経由して通勤していて、最近は帰りが早いので超ラッシュ時に新宿駅を歩くことが多くなりました。

絶望的なほど人で埋め尽くされた駅内を歩くときのとてもよい方法を発見しました。
自分の行く方法へすいすい歩ける方法です。

ここまで人が多いと人とぶつからないようにするために視線が自分の目の前になってしまいます。
これだと突然人が近づいたときに対応ができなくなります。

そこで視線を3メートル(これは感覚的にこの辺ということがやればわかります)ほど先に延ばしてその周辺に自分が入り込めそうな空間を探してそこに向かって歩きます。

これだけです。

そうするとそこに進もうと体が自然と動きます。不思議と目の前の人にはぶつかりません。

視線が目の前にあると過剰にその周辺の障害物(この場合人ですが)に反応してしまいます。
ところが視線が3メートルほど先にあると目の前の障害物は視界の外側に近いところで認識
するので過剰に反応しません。

言葉でいくらいってもきっとわかりませんがやってみればすぐにできる納得できます。

ゲームに近い感覚の脳を使うようで、疲れますが楽しくなります。

午後7時くらいの新宿駅JRの西口→東口、駅内を抜けてみましょう!
関連記事
スポンサーサイト

技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<続・人ごみの歩き方 | HOME | HTML5の可能性>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。