Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

HTML5の可能性

先日4日にAppleがHTML5のデモを公開しました。
度肝を抜かれた方もそうそうこれこれと思った方もいると思います。

「HTML5Showcase」

ジョブスの真っ向からアドビに対する戦いの姿勢がみてとれます。
iPhoneそしてiPadでのFlash非対応に関してジョブスは
アドビはどれも満足のいくものを提供してくれなかった、
と言っています。

 ↓このインタビューは必見です♪
 ジョブスインタビュー

HTML5ShowcaseはPCではSafari、iPhone, iPadでも正常に動作します。
特にVRがiPhoneやiPadでさくさく動くのは当たり前ではありますがHTML5で実現できると考えるとある種感動です。
そしてVideoの逆再生ができる点も驚きでした♪

ブラウザが非対応だったりしてメジャーになるにはまだ時間がかかると思いますので
Flashが不要、という事態にはならないと思います。ただブラウザが対応してくれば
共通のコードでPCをはじめiPhone, iPad, Androidなどのモバイルに対応できること
を考えると移行は加速すると考えられます。

凝ったFlashアプリの資産がある場合にはそう簡単に移行はできないとは思いますし、
javascriptで同等のことができるとしてもjavascriptの互換性がない状況も考えられ
ますし「勝負あり」と楽観視はできないです。
HTML5は規格ではあるためユーザーI/Fの統一というメリットが考えられる一方、
やはり互換性の問題に直面する可能性は大です。

FlashのようにPCからではなくiPhone, iPadなどのモバイルから一気に火がついていくのでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

コンピュータ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<人ごみの歩き方 | HOME | 俺ならではのTV(ふたたび)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。