Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

chumby(チャンビー)

ちょっと気になるガジェットがありました。

chumby(チャンビー) 日本公式サイト 株式会社ジークス

日本では2008年10月25日から発売されていますが完全日本語されたchumbyは2009年5月18日に販売が開始されました。

色々なウイジェットがそろっていてニュースや写真などの情報を表示することができます。
自分の興味のあるコンテンツを無線接続で表示可能です。

中身はLinuxでユーザーがウイジェットを自由に作って投稿することもできます。開発はFlashで行ないFlash Lite 3に対応しています。よってAction Script2での開発になります。
で、先月の段階では30種類のカテゴリから1200種類以上ウイジェットが登録されています。


色はブラック、ラテ、パール、ブルーの4種類から選べます。↑の写真はパールです。

機器の仕様は以下の通り。
OSLinux(2.6.16)
CPUFreescale i.MX21(350Mhz)
補助記憶装置フラッシュメモリー(64MB)
液晶モニター3.5インチTFT液晶パネル(LEDバックライト)
表示解像度320×240ドット
入力装置タッチスクリーン/スクイーズセンサー
3軸加速度センサー
インターフェース2Wステレオスピーカー
3.5mmステレオヘッドホン端子
USB 2.0×3基(うち1基は主基板)
IEEE 802.11g


気になった理由は使っているCPU。Freescaleのi.MX21。
前職で検査装置の開発や商品プロトタイプで思いっきり使いこなしたCPUです。
必要なものは何でも乗っているCPUです。

ウイジェットでサーバーと接続して情報を取得するという形の情報端末として存在しているchumbyですが、中身はLinuxなのでいかようにもカスタマイズが可能な気がしています。

ちなみにスクイーズセンサーは握ると反応するセンサーです。
本体がふわふわした素材でカバーされているのでニギニギ感が気持ちいいようです。

机の上に置くことを想定しているため厚みがありポケットに放り込んで持ち歩くにはどうかな、というのが感想です。

これからちょっと気にしておきます。

他のカラーバリエーションはこちらです♪

関連記事
スポンサーサイト

グッズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<へしこ | HOME | Paper Toss - iPhoneゲームアプリ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。