Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

正直に生きること

2006年12月8日の下書きのままになっていた記事です。今から約4年前、36歳の時のものです。今はバンジージャンプする気分にならずに正直に生きているような気がします。正直に生きることが身に付いたのか、図太くなったのか、それとも無意識に自分をごまかしているのか分かりませんが(笑)そのとき素直に感じたことを残しておくのって大切かもしれません。だって今では改めてこういうこと考えませんからね。



去年からの僕が心がけていること。
それは…

 「正直に生きること」

これってはっきりいって、

 □□□ 難しい □□□


正直とは何か? これも難しい。

僕にとっての正直。
それは…

 □□□ うそをつかないこと □□□

そして

 □□□ 自分の心に素直に行動すること □□□


1つ目も実践すると難しいんだけど、

それ以上に2つ目は死ぬほど辛いときがある。
まるでバンジージャンプを飛ぶ瞬間のように…

行動への一歩がすごく怖い。


だから必然的に「正直に行動できていない」緊張した期間が
存在するわけです(笑)


例えば、
「いらっ」としたときにそれを素直に表現すること。
そして相手に伝えること。それが上司だったら?

 できる?


「好き」って思った相手にそれを素直に伝えること。

 できる?


でもこれを一歩踏み出してやってみる。

 バンジ~~、ジャ~~ンプ


で、すごい痛い目に会うこともある。

例えようのない後悔。
なぜ行動することへのブレーキがしっかりとかかっていたか

 □□□ はっきりと理解する反省の期間(笑) □□□


でも、でも、すっごくへこんで落ち込んだりするんだけど、

その反面、「正直に生きれた」という爽快感がある。

妄想の中に生きなくてもいい、ちゃんと行動してはっきりと現実を知った、
多分体験した人でないと分からない感覚。

迷いがない。ちゃんと行動して結果を受け止めたから。


この先も僕はきっとバカみたいに正直に生きていくと思う。

うそをつかず、
自分の心に素直に行動して。


で沢山痛い目にあうんだろうなぁ(笑)







関連記事
スポンサーサイト

思想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<物欲限界 ほしいものリスト | HOME | どうありたいか?自分を動かす原動力とは?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。