Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いいことがありました♪ 5月&結果

「いいことがありました♪」を記録し続けてほぼ1ヶ月が経ちました。
ここで一旦結果を振り返ってみたいと思います。

この記録する行為は本来目標があってその目標にどれだけ近づいているかを
確認するためのツールです。それを目標なしに行いました。

今回は↓これらを行うために使ってみました。

1.自分は一体どんなときに「いいこと」と感じるのか確認します。
2.多くの「いいこと」がおきているということを再認識します。
3.「いいこと」が起きていること、起こしてくれた人に感謝します。

これによって「いいこと」の起こる頻度が増えるのかどうか、つまり
生活の中でより多くの「いいこと」を感じることができるのかを確認しました。

1日の終わりにその日の「いいこと」を記録して、過去数日の「いいこと」をさらっと振り返ります。
やったのはたったこれだけです。

で、面白いことに気づきました。

頭にくることやひどいことというは日々起きています。それは確かです。
またそれらは是非記録をしたいと思うほど「刺激的」なものであることもあります(笑)

ただ、そういうことは記録しません。負の感情が起きるものは記録をしません。

すると意識は「負の感情の起こることは重要でない」と感じて、その出来事に「フックを掛ける」
ことをしなくなります。つまりその出来事にとどまることをやめます。

代わりに多くの「いいこと」が起きているということに意識がいくようになります。


過去を振り返るというは「今現在の行為」です。
つまり
1.過去の出来事を「思い出して」
2.特定の感情を体験している行為
は今現在の行為です。

つまり自分の人生がいいのか・わるいのかと感じるのも実は「今現在の行為」です。
過去起きた「どの出来事」を思い出すか、未来起こりえる「どの出来事」を想像するのかが鍵になる
と思うのです。

ここで「どの感情を体験するのか」と書かずに「どの出来事」と書いたのには理由があります。

感情を選んで感じることは非常に難しいことです。
「楽しいと感じる」と思ってもなかなかできるものではありません。

ですので楽しいかった「何か」を思い出すことで感情を再生させるのです。
もちろん未来の出来事も一緒です。何をイメージするかです。

今現在何をイメージして何を感じるか、それが今現在の自分を創る、そう感じます。

どのように今現在感じることをよくしていくか、
それは些細なことであっても日々起きている「いいこと」に目を向けて感謝することが効果がある、
そう思います♪

ちなみに最後の1週間の僕の感じた「いいこと」です♪
・石神井公園、きれいで雰囲気がよくて気持ちよかったです。
・浮間公園で気持ちよく散歩&ボール遊びできました。空気が涼しくて気持ちが良かったです。
・ニコとメルモをつれて桜ヶ丘公園へ行きました。
・朝5時に散歩へ行きました。空気や雰囲気が気持ちよかったです。

どうやらニコとメルモとの散歩が僕の気持ちよくさせてくれているようです(笑)


関連記事
スポンサーサイト

技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<楽天動画チャンネルのアップロードの説明動画 | HOME | いかれえてもあまんりわらなかいでしょ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。