Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いかれえてもあまんりわらなかいでしょ

会社の同僚が2チャンでこんなことがはやっていると教えてくれました。

単語の最初と最後の文字さえあっていればその間の文字の順番は多少違っていても読める、
というものです。

たえとば こんな文。
「この プロクェジトの せこいうは はもしとくんに かっかているよ。」

どうやら人は単語を単語の先頭と末尾の文字があっていれば間の文字の位置が
多少違っていても違和感なく読めてしまうようです。使われている文字はないといけないようです。

カタカナや漢字でも同じ法則が働くようです。↓読めますよね。
「ビネジスに一不心乱に取組りむことは自実己現には不欠可なことである。」

同僚の話では実はこの法則は英語でも当てはまるようで、あのケンブリッジ大学で真剣に研究が行われているようです。英語で作ろうと思いましたがいいのができませんでした…



この脳みその補正機能はよく働く場合もあります。
と同時に誤字脱字が起きるても気づきにくいという一面もあるんでしょうね(笑)

↓ここに関連記事があります。
確かに“読めてしまう”コピペに2ch住人が「人間すげー」と驚く

関連記事
スポンサーサイト

技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いいことがありました♪ 5月&結果 | HOME | 「NHK 特ダネ投稿DO画」にニコがでます♪>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。