Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いいことがありました、を記録します♪

いいことがありました、を記録します♪

これをはじめて1週間ちょっと経ちます。
毎日書いていると不思議と色々な人や偶然に支えられながら素敵なことが毎日起きていることを
実感します。毎日平均して5つほど素敵なことが起きています。

高熱でうなされている真っ只中でも素敵なことは起こりました。
「両親が車で病院へ連れて行ってくれました。」
「大型案件を受注できました。多くのコンペを勝ち抜いての受注でした。」

そして色々な人の些細な言葉や行動にも支えられてることも実感します。
「デモ用の素材、○○が用意してくれました。」
「コンペのプレゼン、△△が代行してくれました。」
「デモの準備明日中でなくてもいいと□□が言ってくれました。安心して休むことができます。」

読み返して感謝の気持ちで一杯です。
もちろんこの間いいことばかりが起きていたわけではありません。
でも毎日その1日を振り返って素敵なことに心をチューニングをしてそれを書き留めます、そして読み返します、それによって心の方向は素敵なことに向く「クセ」が付くことを実感します。

まだ1週間ですがやってわかったことがあります。
「悪い事が起きている」という思考からネガティブな感情を起こすのは単なる「クセ」である
ことがわかります。これによって「悪いことが起こるかもしれない」という未来の不安(ネガティブ
な感情)も起こります。

同じように「素敵なことが起きている」と考え、ポジティブな感情を起こすのもやはり習慣に
なりえます。継続的に行うと「何か素敵なことが起ころうとしてる」という未来への希望
(ポジティブな感情)が生まれます。

今現在どちらの感情に心が支配されているか、それだけが問題のように思います。


関連記事
スポンサーサイト

技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<気になる本 | HOME | 乾燥>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。