Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

扁桃腺炎とインフルエンザ(B型)

死ぬかと思いました、インフルエンザ。
18日夜から始まった39度地獄。
18日夜~20日朝まで扁桃腺炎の薬を飲んでいたのですが飲んでも38.5度程度しか
下がらなくてしかも効き目は数時間。残りの時間は平均39.5度の熱がずっと続いていました。

38度と39度では次元が異なります。
意識での制御が39度ではできなくなります。38度では呼吸を一定にして痛くない・痛くないと思っているとある程度痛みが治まりますが39度になると呼吸のたびに頭痛や関節痛の激痛が走りそれを意識的に無視すると次の呼吸で倍になって返って来ますので毎回痛いを意識しないといけません。
悪寒がどのようにしても収まりません。38度では毛布を3枚がけして湯たんぽを入れれば
なんとかなるのですが39度では何をしても効果がありません。
筋肉痛・関節痛にアンメルツ系の塗り薬が38度ではある程度効くのですが39度ですとなんの
効果もありません。

薬も効かず先の見えない拷問のようでした、はい。

20日の聖マリアンナ医科大学病院ではじめてインフルエンザだとわかりそのときはとき
既に遅し「タミフル・リレンザ使用不可」でした…

で解熱剤(カロナール)のみでの対処療法。

悪寒・頭痛・関節痛・扁桃腺の4重苦でしたが、4時間ほどは38.5度~37.5度まで熱を
下げてくれるので相当楽でした。切れたときの地獄の39度台へ戻される数時間は
相変わらず辛かったですけど。

23日の午前中突然熱が下がりました。
もう解熱剤は不要と感じましたがどうなるのかためしに解熱剤を飲んだら
体がひんやりしすぎてクーラーのがんがん効いた部屋にいる感じでした。
35.8度まで体温が下がりました。悪寒とかないのでいやな感じではないですね。
でも相当強い薬ですね、これ。1日4回、1回2錠飲んでました。
なければ苦しすぎて死んでました、きっと(笑)

今まで気休めでしかなとと思って飲んでいた薬ですが今回初めて
「薬って効くんだ」と実感しました。

ありがとう、カロナール!

で、まだ扁桃腺炎が残っていてこちらは抗生物質で治療中です。

忙しい時期に1週間以上会社を休んだので来週は全力疾走できるために治療して
体調を整えます。
関連記事
スポンサーサイト

プライベート | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<MicroRobotics | HOME | 電磁波を視覚化すると…>>

この記事のコメント

それは大変でしたねぇ…。お気の毒でした。
今までも全力疾走だったから、ちょっと無理し過ぎたのかもしれませんね。ゆっくり静養してください。
お大事に。
2009-04-24 Fri 08:29 | URL | KEN #dKEDg9H.[ 編集]
ありがとうです♪
「マジ出て行け、このインフル野郎」とうなされながら罵倒していたようなので、大変でした(笑)
体調管理ですね。
2009-04-24 Fri 23:47 | URL | Azumin #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。