Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バランス

忙しい日々が続いています。
技術部で抱えている案件はなんと12件。内大型案件は5件。

昨年の今ごろは案件が取れず0件だったことを考えると着々と技術と信頼を得ている感があります。

システムセキュリティと動画視聴機能の強化をする一方、ログ解析をはじめ検索・レコメンドの機能などの集合知の技術に力も入れていきます。


注目されて人が集まる、ということは喜ばしいことでありますが人がドッと集まるタイミングも重要です。
YouTubeの2009年度の赤字は4億7000万ドル(約500億円)と予測されています。

約750億本のコンテンツ数
約3億8000万のユニークユーザー数

これには膨大な通信費、ストレージ費がかかります。
他にもコンテンツのライセンス料もばかになりません。

かかる経費は約7億1000万ドル(710億円)で50%強は通信費にかかります。

売り上げは前年比で2割ほど増えて2億4000万ドル(240億円)ですが、経費は3倍ほどかかっています。

人気が集まれば媒体価値が上がって媒体の広告枠の価値は上がるのですが、その人気を支えるインフラのコストとのバランスが非常に難しいわけです。
景気が低迷して広告の数が減って行くなかこのインフラのコストが重くのしかかります。

このバランスを見ながらインフラ投資を考えていくこと、今後も重要な課題であります。

関連記事
スポンサーサイト

仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<楽天動画チャンネル | HOME | 最近読んだ本 3月>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。