Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

何か人にやってもらっているときに

何か人にしてもらうときどうしても「恐縮」してしまうことありませんか。
僕は結構そうでした。

で、
■1日の1%(15分)習慣にすることを行う。
 何も考えずに21日続ける。⇒習慣になる。

↑の法則に基づいて
「周りの人は何1つ辛いことをしていない。やるべきことを納得してやっている。」
と最低1日15分、思う時間を作りました。

「その時間だけはそうだと信じてみる遊び」だと思うと楽しめます♪

少しずつですが
■人のやさしさが素直に感じられて
■自分周りの境遇・おきていることへの感謝気持ちが感じられる
ようになります。

これは思考の矯正ですね。
人は楽しみながらやっている⇒「いいことをしてあげてる」⇒つけあがる⇒×
人はいやいやながらやっている⇒「負い目を感じる」⇒卑屈になる⇒×
こういった偏った思考のクセに気づかせくれます。だから矯正もできるんです。


たった15分の間ですが「今までとは違う視点でものごとをみる」という体験は、日ごろの思考の習慣を変えるよい材料になっていることがわかります。

誰かに何かをお願いして、それをその人が納得してやってくれている、
と心から思ってみてください。

少しずつ周りの風景が変わってくるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

思想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<マザー牧場 | HOME | 火事・火事・火事>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。