Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

RJDJで変性意識

先月ジェット☆ダイスケがしきりに絶賛していてiPhoneアプリ、それが

RJDJ
26625v1-max-150x150.png

iPhoneのマイクから外界の音を取り込んで、その音にリアルタイムで色々なエフェクトをかけるアプリです。

その中でもEargasmははっきりいってや・ば・いです♪

Eargasmは外界の音に深いディレーをかけつつ音の周波数と長さに応じてストリングやオルガンの音を乗せてくれるんです。

とまぁ、言葉でいってもわからないと思うので、ジェット☆ダイスケの動画で体感してみてください。
ちょっぴり短いですが…


Eargasmを聞きながら最近は通勤していることが多いのですが気づいたことが2つあります。

1.今まで意識しなかった音があること。
  自分の吐息、鼻をすする音
  風の音
  ライターの音

  今まで聞き逃していた些細な音が強調されて深いディレーで持続するので「あぁ、こんな音が出てるんだ。」と再認識できました。

2.現実の音とフィルターの掛かった音がミックスされた音が現実の音のように感じること。

 世界の音がこのような音かのような錯覚に陥る瞬間が多々あります。
 そのままその感じを意識的に持続させると不思議な感覚に襲われます。
 なんていうんでしょうか、まったくの別世界のような。

Eargasmをカナル式イアホンで聞いているとき外界の生音はほとんど遮断されます。
だた、トラックが通るときやバイクが横切るとき生音がフィルターを超えて聞こえます。

「危ない!」と察知するわけです。
Eargasmの世界では遠くの車や工事の音などのノイズもきれいな音色として聞こえてしまうんです。
だから生音がよっぽど大きくないと危険を察知できないんですね。

この経験からちょっぴり飛躍した考えですが…この世界も似ているんじゃないかと。

「僕達は常に真実の声に囲まれて生きている。常に正しい道を示す声の聞こえる世界。
でも「自我」というフィルターを通してその世界を認識すると真実の声が自分の都合で聞こえたり・聞こえなかったり、別の声に聞こえたりして、その人「自我」に応じた世界を感知する。
でもどうしても真実の声が届かなければいけないときにはフィルターを超えて大きな真実の声が聞こえる、「気をつけろ!」と!」

RJDJのEargasmは仮想世界(フィルターを通した音の世界)に対してもリアルに体が反応してしまうやばいアプリだと思います♪


関連記事
スポンサーサイト

iPhone | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<驚異のTSUTAYA | HOME | 元大家さんのお米>>

この記事のコメント

オカリナアプリの記事もみましたが、やっぱりiphoneのアプリは面白いですねえ。。
オカリナよりこちらの方が好みかも・・
退屈な日常が刺激的に変わりそう。
2008-11-10 Mon 22:37 | URL | akasaka #EGTCt1XI[ 編集]
akasakaさん

BloomやKoiPondは即席Ambientができるくらいいい出来だよ。
2008-11-11 Tue 18:23 | URL | Azumin #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。