Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Gyorol - ぎょろる

奇抜なFLASHアプリを数々だしているWebデザイン会社のバスキュール
代表取締役は朴正義(ぼく まさよし)氏。
設立は2000年7月、資本金5000万円、従業員30名ほどの会社です。

2008年7月30日にバスキュールがGyorolというサイトを公開しました。
今までぜんぜん気が付きませんでした...
logo2.jpg
※クリックするとGyorolサイトへ飛びます。

このGyorolの発想に久々に脳みそが揺れました!

詳しい説明はこちらでみてください。
FACEs: Gyorolサイト公開

どういったものかというと、
Gyorolサイト(PCサイト)の釣堀で携帯を釣竿して釣りを楽しむ、うーん説明下手すぎです。

手順
1.PCでGyorolサイトへ飛びます。Gyorol
2.釣堀がでてきます。というか海ですね。
3.QRコードが出ていますので携帯で撮ります。
4.そこで示されたサイトへ飛びます。するとFLASHアプリがダウンロードされます。
5.名前を入力して5を押してスタートします。
6.するとPC側の釣堀に自分の「浮き」が現れます。
7.携帯の2,4,6,8と5を使って釣竿を操作します。

img.jpg
※写真はFACEsの記事より

何がすごいって携帯であたかもPC側の浮きを操作している感覚です。
それと魚を釣り上げたときに釣竿(携帯ですけど)がぶるぶる震える感覚です。

まずは携帯であたかも操作をしている感覚です。
PC側ではFLASHアプリが動いていて、定期的にサーバーと通信をして現在アクセスしている携帯とその状態(浮きの位置や状態)を取得して各携帯の浮きを表示していると思います。
携帯側もFLASHアプリが動いていてキー操作がサーバーに送信されて浮きの位置や状態を更新していると思います。かかったどうかは携帯側でTIMERかなにかでイベントを発生させてサーバー側へ通知して、さらに「さおを引き上げる」ボタンを押したときも携帯⇒サーバーへ通知して処理を行っていると思います。

わかってしまえば難しいことではないけれど携帯でPCを操作して携帯とPCが同期するこの不思議な感覚に気づける発想力はすごいです。

携帯をPCから操作するのはmobile2PCpinkなどが既にありますが「すげー」と思わせることができるのはやはり発想力の賜物でしょうね。

そしてぶるぶる震える感覚です。
魚の生態反応(釣り用語らしく魚がえさをつつくときにさおに伝わる軽い振動)を表現するのには軽くバイブを鳴らして、魚がつれたときには大きくバイブを鳴らすことで魚を釣っている感覚を生み出す発想もまたすごいです。

この技術(発想)を応用して色々な広告企画ができそうです。
オーロラビジョンや電車内のディスプレーに映し出されたキャラクターを携帯で操作して画面にちりばめられた宝箱を開けるとモスバーガーやGAPの広告が出てくる。そして携帯にはドリンクや割引のクーポン券が付与される、みたいな。

どんなものかは実際にやってみないとわかりません、きっと。


新モデル!D.O.D. INFLATABLE FISHING FLOATインフレータブル・フィッシングフローターFF-2

関連記事
スポンサーサイト

技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夢をかなえるゾウ | HOME | Continue PV>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。