Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

イオン レイクタウン オープン

昨日はいろんなことがありました。
任天堂がDSiの発売日を発表。
日本テレビで「夢をかなえるゾウ」のドラマが開始。
清原が引退(おとといですけど)。

そして越谷に日本最大級のショッピングモールがオープンしました。その名は

イオンレイクタウン

02_px250.jpg

日本最大級のショッピングモールの規模はどの程度なのでしょうか。
で、なぜ「日本最大」と言い切らないのでしょう。

このショッピングモール、「kaze」と「mori」の二棟で構成されていて、2つ合わせて売り場総面積はなんと約220,000平方メートル。テナント数は566。

東京ドームは約46,755平方メートルですので約4.7倍。

あの東京ドームがすっぽり4つは入ってしまうんですね。
スタッフが移動にセグウェイを使う理由がちょっとわかります。

thumb_188_12_px188.jpg

過去イオンが開発したショッピングモールの最大売り場面積はイオンモール羽生の89,000平方メートルです。それをはるかに超えています。

日本のショッピングセンター一覧

で、開発に掛かった費用は約850億円!
イオン株式会社(イオングループ)の社長、岡田元也氏も「必ず成功させなければいけない」と意気込みたっぷりです。そりゃそうですね。

これだけ広いと日本最大といってもいいのになぜ「日本最大級」というのでしょうか。

それは北海道札幌市に「JRタワースクエア」という商業施設があるからです。
「JRタワースクエア」は札幌駅の周りにある4つの商業施設の総称で、売り場総面積274,459平方メートル、テナント数は583でぶっちぎりトップなんです。
でもAPIA, ESTA, PASEO,STELLAR PLACEという別々の商業施設があわせっているのでタイマン勝負ではないんですけど(笑)

単独勝負でいえばイオンレイクタウンはどれをとってもトップです。
建物面積トップのららぽーと横浜、総売り場面積トップのららぽーとTOKYO-BAYも歯が立ちません。
 建物面積  総売り場面積  テナント数  駐車場(台) 
イオンレイクタウン  364,843  218,483  566  8,200 
ららぽーとTOKYO-BAY  181,000  120,500  545  8,200 
ららぽーと横浜   226,611  93,000  370  4,200 

エコな取り組みの多いイオンレイクタウン。
地元の人や関係者だけで行われたソフトオープン期間(9/26~10/1)の6日間の来客数はなんと120万人です!
たぶん週末は大混雑だと思います。行ってみたいけど少しほとぼりが冷めたころに遊びに行きます。

関連記事
スポンサーサイト

流行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Continue - SEAMO | HOME | 夢をかなえるゾウ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。