Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Rovio - 飼い主不在のわんこを見たい!

WooWeeからネットでコントロール可能なWebCamロボット「Rovio」が一足早くアメリカで発売されます。



このロボット、WiFiでネットにつなげて外出先からコントロールソフトで操縦ができるんです。

WebCamの他にマイク、スピーカもついて話しかけたり、周囲の音を聞いたりもできます。
そしてWebCamもローアングル、ミッドアングル、ハイアングルと3段階に視点を変更可能です。

3つのホイールと各ホイールにミニホイールが10個ついていて自由自在にWebCamを動かすことができます。

そしてすごいのはドックステーションが自分の場所を常にロボットに知らせることでバッテリーがすくなるなると自分でドックへ戻りバッテリーをチャージします。Rumbaでもおなじみの機能ですね。

Rovioの機能紹介


アメリカでは2008年10月7日、ヨーロッパでは2008年10月20日発売予定です。
日本での販売は未定です...
予約が一杯で入手は困難とか。


自分のわんちゃんが自宅でどうしているんだろう、って一度は思ったことありませんか?
固定のカメラだと場所を移動してしまうと見れなかったり結構不便。

Rovioならわんちゃん目線で留守中のわんちゃんを見れるのでわくわくします。
飼い主がいる間に慣らしておけば問題ないかなって。
もし帰ってきてRovioが破壊されていても決してわんちゃんは叱れません、はい。

↓Rovioの詳細な説明はここから
RoboRule

↓WooWeeの他の商品を見たい方はこちらへ
engadget日本版




関連記事
スポンサーサイト

技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<秋の夕焼け | HOME | H&M>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。