Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

リーマン・ブラザーズ破綻

衝撃的なニュースでしたね。
アメリカの大手証券会社リーマン・ブラザーズが15日、日本の民事再生法に相当する連邦破産法11章の適用を裁判所に申請しました。倒産ですね。

負債総額なんと

6130億ドル(約64兆円)!!

アメリカでも過去最大の倒産です。
アメリカ証券会社の倒産としては1990年のドレクセル・バーナム・ランベール以来です!

アメリカ大手証券会社のランキングはこのようになっていてリーマンはアメリカ証券会社第4位。
1位:ゴールドマン・サックス
2位:モルガン・スタンレー
3位:メリルリンチ
4位:リーマン・ブラザーズ
5位:ベアーズ・スターン

今回のリーマン・ブラザース。
2007年11月30日時点の総資産は約6911億ドル(72兆5000億円)!!
150年の歴史をもっている巨大ファンドだったんです...

で、上のランキング。
既に5位のベアーズ・スターンは今年の春に倒産(モルガンに身売り)
4位のメリルリンチはリーマン倒産と時期を同じくしてバンク・オブ・アメリカに買収されました。
買収総額は

約500億ドル(約5兆3000億円)。

現在1位のシティグループの2007年度末の総資産は2兆1800億ドル (約229兆円)
買収後、バンク・オブ・アメリカの総資産は2兆7300億ドル(約284兆円)になる予想。
2009年3月までに合併を完了予定。

これで一気に3位~5位が崩壊しました。

サブプライムローン問題のとき公的資金が投入された住宅公社「ファニーメイ」と「フレディマック」。
今回、リーマン・ブラザースにも公的資金での救済があるとささやかれていたけどなくなりました。

「儲けているとき散々私腹を肥やしておいて困ったときに公的資金だと、なめるなリーマン!」
そう叫びたいです、はい。

XX兆円ってもうお金じゃないですね。
福本伸行氏の「銀と金」の言葉を借りれば「金じゃない、目盛りだ!」です(笑)


















関連記事
スポンサーサイト

仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いつかほしい車 - マイバッハ | HOME | 手相占い>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。