Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

叱られること、学ぶこと、行動に移すこと

仕事も一段落させて3連休に入れました。
来週から2週間地獄の日々が続くと思いますので3連休はのんびりします。
明日はマウちゃんパパとママが横浜に遊びにくるので久々にわくわくしています♪


で、一昨日は久しぶりに社長の雷が直撃落ちました。
取締役と二人で1時間ほど説教をくらいました、はい。

原因はコミュニケーション不足とビジネス思考の不足ということで。

理不尽さをたっぷり感じましたが何を言ってもねじ伏せてしまうそのパワーに自分の働く会社の強さを密かに感じていました。言っていることは間違ってはいなけど「その理屈はないんじゃない?」、しかられている中、社長の黒目2つを直視して訴え続けていました(笑)

頭では理解できていても腹に落ちていないといざというときに役には立たないもの。
やはりこういうのって日ごろの積み重ねがあって身に付くものです。
理解したと思うのは危険です、はい。

説教の疑似体験をしたいかたは下の段もあわせてどうぞ。

1.伝えたからOKではなく、人が巻き込まれるくらいしっかりと記憶に残るように魅力的に伝えろ。
 ⇒俺は記憶にない!伝え方がしょぼかったんだ。

2.どんな反論でも即座に返せるように日ごろから自分のしていることを意識しろ。
 ⇒俺の反論に後付したようないいわけじみた説明をするな。

3.取り組んでいることの本質を常に意識して状況が絶えず変化あしても軸をぶらすな。
 ⇒目的が逆転している。手段が目的になってどうする。

4.俯瞰して物事みる癖をつけて大きな枠組みでビジネスを考えろ。
 ⇒現在取り組んでいることは大きなビジネスの仕組みの一部だ。目先にとらわれてどうする。

5.長所の裏にある短所も意識して(PROS/CONS)いれば短所を最小限にして長所を生かすように行動するようになる。
 ⇒短所も理解していればやっていることをもっと自信をもって俺に言えるはずだ。

6.笑いは時にロジックを打破する力になる。
 ⇒反論されたときそれを笑いに変えるとこだってできたじゃないか。大事だぞ、そういうのも。

こんな環境そうないですね、ありがたいです。
いつかは一人立ちをしてビジネスを立ち上げていく、経営者になる。
それが僕のオフィスで働く仲間の共通意識です。

上にいけばいくほど失敗するとひどい怪我をします。
まだ命を落とさない高さでもっともっと失敗して(笑)自分を磨いていきます。

だって自分の本当の弱い部分は「自分で気づけない」からこそ怖いんですからね。
関連記事
スポンサーサイト

思想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<秋らしい休日 | HOME | 恐るべし中国の宇宙開発>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。