Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

お葬式

祖母がなくなって数時間後、葬儀屋の方が来て祖母の処置をしてくれました。
手際よく体を拭いて鼻と耳に綿をつめていました。、
その後「枕飾り」を設置して家族でお線香をあげました。

体の状態を保つため室温は18度に設定していましたので真夏の格好では極寒でした。

祖母の願いもあり両親と僕の兄弟家族のみでの行う「家族葬」にすることにしました。
家族で集まり火葬のみを行うとてもシンプルなものです。

その上で葬儀屋の方から葬儀の説明がありました。

ちなみに葬儀屋は赤坂に本社がある「アーバンフューネス」
アーバンフューネス

祖父は病院で亡くなったため病院で紹介された葬儀屋で葬儀をあげたのですが費用明細が不透明で非常に高いお金を取られましたので、祖母の場合はあらかじめ調べておいたそうです。

「事前に調べる」というと不謹慎に感じるかもしれませんが死は突然やってくることもあります。
いざという時に慌てるより事前に調べておいたほうが家族のためでもあるんだと実感しました。

基本は18万円。ほとんど必要なものはそろっています。
オプション
棺の種類は天然木、布棺、桐棺(ランク順)から選びます。色も何種類もありました。
後飾り(骨壷を祭る台)、骨壷も何種類もあります。
棺に入れる生け花の種類、量まで細かく選べます。

葬儀屋の方も「どのように遺族を送りたいか」という要望に応じてアドバイスをしてくれますので、シンプルに行いたいというときに無理に色々なものを「必要です」といってきませんのでとっても安心してお願いすることができました。

大切な人が亡くなったときの精神状態では付け込む隙が沢山あるので「セールス」の観点みると非常に有利であるな、と感じました。そんな中、今回の葬儀屋は非常に良心的で安心ができると感じました。

明日の早朝に火葬を行います。
もう祖母の体をみるのも今日で最後。
でもなんかもう体を離れて楽しそうにしているような気がするので不思議と悲しさがありません。

経済的にも精神的にも家族に迷惑をかけずになくなっていった祖母。
これも祖母の気遣いなんだと感じています。
関連記事
スポンサーサイト

プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<稲妻 | HOME | おばあちゃん、ありがとう!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。