Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北京オリンピック

いやぁ~、開会式はすごかった。
北朝鮮のマスゲームを彷彿されるスケールが大きさ。
すこしわざとらしい演出もあったけれど...
プロジェクターとLEDの映像、団体演技の美しさには脱帽。

ただ選手達はテロに備えてマスクを持参しての参加ということだったけど、
どうだったんだろう?
(選手の行進はみてなかったので)

ちなみに、
北京オリンピックの独占報道権は6大会連続アメリカのNBC放送が取得しました。
その値段なんと、約900億円!!
全世界から集まる報道権取得のお金の想定総額が1600億円というから
半分以上アメリカが出していることになります。

だから通常お昼に行われる「決勝戦」はアメリカのゴールデンタイムに合わせて
午前に行うことになっているよう。まぁ、どっちでもいいけれど。

それよりこの莫大なお金が動く仕組み。
中国は国営だから当てはまらないけど...
施設建設、道路整備などこれを請け負った会社はどれだけうるおっただろうね。
癒着、談合、賄賂、買収、恐喝。権利を獲得するためにいろんな動きがったんだろうと思う。
国民⇒税金⇒政府⇒コスト⇒企業⇒税金⇒政府
            ←賄賂←
最高権限を持つが国がやはり一番うるおうんだろうなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

流行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<うまいもの 穴場スポット | HOME | 外苑の花火大会2008>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。