Getting Things Done!

大きな夢は目の前にある1つ1つの小さなことをこなしてこそ達成される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブログ復活!

2月23日から突然アクセス数が激減して2週間後には1/10にまで激減してしまいました。原因は不明ですがFC2アクセス解析でもGoogle Analyticsでも状況は同じでした。結構凹みましたがここは気分を切り替えて

「僕は今就職活動している身でもある」

ということを理由に一旦ブログをお休みしていました。そして今日久しぶりにアクセス数を確認してみたら3月19日にいきなりアクセス数が従来通りに戻っていました。

なんということでしょう!

原因が分からないのは気持ちが悪いですが今はあまり調べる気にならないので放置します。

で、
気づいたら退職してから1ヶ月を過ぎました。就職活動中はDVDを観たり、韓国語を勉強したり、プログラムを書いたりして過ごしていました。お金がない状況下で旅行へ行ったりと自虐行為に近いこともしつつ(笑)比較的のんびり過ごしていました。毎日犬の散歩へ出かけて、ゆっくりご飯を食べたり。

心も体も完全復活したのでそろそろ再出発しないといけませんね。それに合わせてブログもまた再会します!

スポンサーサイト
プライベート | コメント:0 | トラックバック:1 |

外国人に日本をよく評価されるとうれしくなる日本人の心理 ー テルマエ・ロマエ

奥さんが読んでいた漫画を先ほどちょっと読んでみたらこれがとっても面白かったのです。

「テルマエ・ロマエ」


ルシウスという古代ローマの浴場設計技師がひょんなことで現代の日本にタイムスリップしてはまた古代ローマ時代に戻るを繰り返す話です(説明が下手すぎる)。ルシウスは古代ローマ文明にプライドをもっている人物なのですが浴場のあり方に疑問を持っていて何か斬新なアイデアはないかと悩んでいます。そんな中毎回ひょんなことで現代の日本の銭湯や露天風呂などにタイムスリップしてそこでみる「日本の先進的なお風呂文化」に感銘を受けてそれを古代ローマの時代戻って再現する、というお話です。

古代ローマ文明が世界で一番すぐれているという感覚、そして日本人を「平坦な顔の奴隷」としてみる差別的優越感、しかし古代ローマ時代にはない露天風呂やシャワーや個人用浴槽などみて感銘を受け、また「奴隷ごときのような人種」がそれらを普通に利用していることに驚きまた自尊心が揺らぐ様がとても面白いのです。

ごくごく普通の日本の風景も古代ローマの人からみると「信じられないくらいすばらしいこと」なんだなと改めて感じました。まんまと作者の術中にハマっています(笑)

外国人に日本をよく評価されるとうれしくなる日本人の心理をついた漫画、そう思います。





| コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。